安全性を考慮

のぼり旗と言えば、宣伝アイテムとして、頼りになるものですが、
宣伝をすることばかり考えていてはいけません。

選び方が悪いと、立地や環境に合わず、思わぬ被害が発生してしまう
恐れもありますから、安全性を考慮した選び方をすることも大切と言えます。

単色

例えば、のぼり旗を強風にさらされる場所で使用する場合には
倒れてしまう恐れがあるため危険です。


ですから、転倒防止のため、ズッシリとした安定感のある
注水台を使用すると、事故が起こりにくくなって良いものです。

なお、人によっては海で活動をするため、砂浜に設置することになる人も
いるでしょうが、埋め込み式ののぼりスタンドというのがあります。

これは、土に回し入れて使うタイプのスタンドで、強力な設置を
実現させることができて助かります。

反対に、室内で使われる場合でも注意が必要な部分があります。
特にイベント会場などの多くの人が集まる場合、
火の危険を考慮して、防炎加工を施したのぼり旗を
入手することも大切と言えます。

あるいは防炎加工を強制的に必要とされる場合もあるので
確認しておくと良いでしょう。

防炎加工をしておけば、万が一火が燃え移っても
すぐに消えるか、それ以上は燃え広がることはありません。
いずれにしても、安全を第一に考えることが大事と言えます。

目指す先

このように、付属品やのぼり旗自体の選び方を工夫することで、
さまざまな場面により適した形で対応させることができます。

 

宣伝アイテム  集客力アップ  洗濯  販売促進  キャッチコピー


I N D E X| 雨の日ののぼり旗| 裏抜け| open| 広告| オリジナル| 意図しないのぼり| サイトマップ