のぼり旗の骨組み

のぼり旗が店外で風に力強くはためいているのを見ると、通行人の目を惹きます。
元々何のお店なのかを全く知らなくても、のぼり旗を見て知ることで
興味を持ち、入ってみようという気持ちになってもらうことができます。

どれだけ内容が良くても、立地が良くても、通る人にもわかりやすく
店を目立たせないとお客が集まりません。

昔からある

そのためにのぼり旗は店外で使用するお店の集客力アップのためのアイテムです。

一般的に店外で使用するために、雨や風に耐久できるような
構造でないと長持ちしないので、消耗品でありますが
あまり頻繁に交換していると、もともとたくさんの旗を立てて
集客するために、その取り替えの費用も莫大になります。

取り替えを少なくして、取り替えのコスト削減のために
丈夫なものを選ぶほうがよく、その骨組みとしては
のぼり旗を支えるものではプラスチック製のポールよりも
ステンレス製がいいです。

環境が大事

ステンレス製は、風で破損することが少なく、雨にさびにくいです。
しかしこのステンレス製にも難点があり、それはプラスチックより
重い分移動が大変で、支える土台がコンクリートのものでないと
傾倒してますので、その分のコストがかかりますが
耐久性を考えるとステンレス製がいいです。

風があまりない場所であればプラスチック製でも問題はありませんが
特に風が強い場所にのぼり旗を設置する場合、安全性には
十分な配慮が必要となります。

宣伝アイテム  集客力アップ  洗濯  販売促進  キャッチコピー


I N D E X| 雨の日ののぼり旗| 裏抜け| open| 広告| オリジナル| 意図しないのぼり| サイトマップ