のぼり旗の置き方

ホーム 安全対策 のぼりの宣伝効果 お知らせする 農園の直売所にものぼり旗 祭りを盛り上げる 視覚的な配慮 SITEMAP 宣伝アイテム  集客力アップ  洗濯  のぼり旗で販売促進  のぼり旗のキャッチコピー  移動販売車でのぼり旗を使う  置き方  カフェ用のぼり  お菓子屋さんのぼり 京都のれん株式会社 自由なデザイン 安全の為に 俳句とのぼり 観光地での活用

のぼりの置き方

オリジナルの「のぼり」を購入した場合は、効果的な置き方を
意識して設置するようにしましょう。

ちょっとした工夫でも、その効果は大きく変わってくるので
どのような工夫が出来るのか考えてみましょう。

まずオリジナルの「のぼり」を設置する場合は、何本か立てる場合があります。
何本も立っているのは非常にインパクトがあり、気を引くのは確かです。

しかしお店を隠してしまう場合もあるので、どのくらいの間を
空けた方が良いのか考えてみましょう。イメージカラー

基本的にあまり密着させるのは良い設置とは言えません。
1m80cmから2mくらいがベストな間になっているので、
このくらいの間を空けるように設置してみましょう。

このくらいの間は、歩いている人はもちろん、車からも非常に見やすく効果的です。
またお店を隠すこともないので、十分な宣伝効果を期待できるのではないでしょうか。

また複数の「のぼり」を設置する場合は、色に関しても気を使う必要があります。
複数の色を乱雑に立てると宣伝効果よりもマイナスなイメージに
繋がる場合もあるので、注意が必要です。

お店や商品、イベントなどのイメージに合わせて色を考えて
見た目の印象を決めるようにしましょう。

同系色でまとめる場合は、イメージカラーを伝えることが出来ますし統一感が出ます。
また同系色の中に一つだけ別の色を設置するのも良いアイデアと言えるでしょう。

道路から横に置いたり、縦に置いりする場合もあるので、
適材適所な置き方を考えてみましょう。

 

トップページ 雨の日のぼり旗 のぼりの裏抜け 営業中のぼり 効果抜群 縁日のぼり 意図しないのぼり 安全性をのぼり旗より考慮 のぼり旗の骨組み のぼり旗が汚れた時 ガソリンスタンド お弁当販売 サービス内容を示す のぼり旗設置の知識 おしゃれな使い方 地蔵盆のアピールも のぼり旗を任せて安心 多目的に使えるのぼり旗 交通事故のぼり旗で防止 のぼり旗の由来 サイトマップ


宣伝アイテム  集客力アップ  洗濯  販売促進  キャッチコピー  移動販売車
置き方  カフェ用  お菓子屋さん 京都のれん株式会社 自由なデザイン 安全の為に

のぼり旗の置き方| 雨の日ののぼり旗| 裏抜け| open| 広告| オリジナル| 意図しないのぼり
俳句とのぼり| 英語で案内| サイトマップ